COMMENT

「チェリまほ」映画化、チェリまほの撮影時の段階で続編あったらやりたいよねと話していたのですが遂に叶いました。

それも全てチェリまほを愛して下さった皆様のおかげです。有難うございます。
この作品は丁寧な心情描写の中にある一歩踏み出す勇気、人を想う気持ちの大切さを学ばせてもらえた僕の宝物です。

町田啓太くん、風間監督、本間Pをはじめとした素敵なチームでもう一度作品を携わらせて頂けるのは心から嬉しく思います。

是非お楽しみ下さいませ。

赤楚衛二(安達清

1994年3月1日生まれ、愛知県出身。2015年に映画『ヒロイン失格』でデビュー。17年には、若手俳優の登竜門と言われる仮面ライダーシリーズ「仮面ライダービルド」(テレビ朝日に出演。その後、映画『思い、思われ、ふり、ふられ』や、TVドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(テレビ東京)に出演し注目を集める。その他の出演作品に、TVドラマ「彼女はキレイだった」(フジテレビ)、「SUPER RICH」(フジテレビ)、「世にも奇妙な物語’21秋の特別編」(フジテレビ)、WOWOWオリジナルドラマ「ヒル」、映画出演作には『妖怪大戦争 ガーディアンズ』、『決戦は日曜日』(2022年1月7日公開予定)などがある。

魔法のような機会を頂けて光栄です。
またあの世界に入れるのは「チェリまほ」を通じて出逢えた皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。そして楽しみにしていてください。

「チェリまほ」は僕の人生にとって大切な心持ちをたくさん教えてくれた作品。
この映画を観てくださる方の心に、僕が作品と皆様からもらえた優しい温かさをお届けできたらと思っています。

スタッフの皆様、赤楚くんはじめ共演者の方々、最高のチームでどんな物語をつくっていけるのか新たな挑戦が楽しみでなりません。

町田啓太(黒沢優一

1990年7月4日生まれ、群馬県出身。2010年に第3回劇団EXILEオーディションに合格し、俳優デビュー。 NHK連続テレビ小説『花子とアン』で主人公の義弟役を務め注目を集める。主な出演作品に、NHK大河ドラマ「西郷どん」、「青天を衝け」、TVドラマ「中学聖日記」( TBS )、「 30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(テレビ東京)、「今際の国のアリス」(Netflix) 、「 SUPER RICH 」(フジテレビ)、映画『きみの瞳が問いかけている』などがある。またテレビ東京にて1月から放送となる「僕を主人公にした漫画を描いてください!それをさらにドラマ化もしちゃいます!!」の主演・審査員を務める。

それからの二人のこと、仲間たちのこと、この一年たくさんの想像をしました 。 放送を終えてからも、言葉を届け続けてくださった皆さんの存在があったからです。

全員で作り上げた「チェリまほ」という世界が 揺るがず大切であり続け、その過程にあった葛藤も、今は愛おしく思えます。

映画化に臨む原動力は、あのとき、作品と向き合ったひとりひとりの眼差しにあります。心を見つめ合うという作品性が産んだコミュニケーションを変わらず大切に、まずは再会を楽しみたいと思います。

風間太樹(監督)

ドラマの時、応援して下さった皆さんにたくさんの国に連れて行ってもらい、たくさんの人に届く作品に育てて頂きました。そして、ついには映画化です。
楽しんで頂けるようにがんばります。

本間かなみ
(プロデューサー)

応援して下さった皆様のおかげで最終回で閉じた豊川のエレベーターがまた開く事になりました。

チェリまほが映画になるなんて本当に夢の様です!感謝しかありません。
映画館でまたドラマチェリまほの世界の皆さんと再会出来るのを楽しみにしております。

豊田悠(原作者)